Ginza Music Concierge:Artist Interview
Ginza Music Concierge

ホールチェアのフォルムに人と、音との「和」が息づく

デザイナー 川上元美:楽器本来の音を最高の状態で味わえる新ヤマハホール。そこに訪れる人々が直接触れ、長い時間を共にするホールチェアは、インダストリアルデザイナーの川上元美氏が手がけた。「主体はあくまでも人。人が醸し出す雰囲気との調和を持たせながら、どのように居心地の良さを創出しようか考えた」。ホールチェアを手がけるのは初めてという川上氏が、ヤマハホールで表現した椅子のデザインとは。

川上元美プロフィール:1966年東京芸術大学大学院修了後、アンジェロ・マンジャロッティ建築事務所を経て、1971年川上デザインルームを設立。クラフト、プロダクト、家具、空間、環境デザインなど幅広い領域でデザイン活動を行っている。毎日デザイン賞、国井喜太郎産業工芸賞、土木学会、田中賞、グッドデザイン賞金賞などを受賞。

Top Page