Ginza Music Concierge:Artist Interview
Ginza Music Concierge

二胡はまるで女性そのもの。優しく、かわいらしく、情熱的。

二胡奏者 ウェイウェイ・ウー:「二胡はすごく情熱的な楽器なんです。ただ優しいだけでなく、かわいらしさも情熱もあわせ持つ、女性そのもの」。穏やかな語り口のウェイウェイ・ウーさんは、現代二胡奏者の第一人者だ。中国の伝統楽器である二胡だけが持つ表現力を、ウェイウェイさんはさまざまなジャンルの音楽に取り入れ、魅力を際立たせてきた。

ウェイウェイ・ウー プロフィール:中国・上海に生まれ、5歳でバイオリンをはじめる。上海戯曲学校で二胡とバイオリンを併行して専攻。双方の学科を首席で卒業後、1991年に来日。桐朋学園でバイオリンを専修しながら、多ジャンルのミュージシャンと精力的なコラボレーションを行う。また、自らエレクトリック二胡を開発、ロックやジャズとの共演でも独自の演奏スタイルを確立した。2002年『メモリーズ・オブ・ザ・フューチャー』でデビュー。二胡教室を自ら主宰するほか、国内外のアーティストとのコラボレーション、オーケストラとの共演など、二胡という楽器の範疇を越えた活動を行っている。

Top Page